단면
日1閣・月の湖の観光地区、北は中山西路、西は北斗川町、東は明道南三本の街で、総面積は約1 km²。は歴史上有名な月の湖十洲、カバー日閣や月の湖地区で最も重要な陸域と水域の範囲で、歴史の文化の情報が集中して立地、最も明らかな地域の特徴。...
최신 활동
  • 煙嶼楼2017-05-03

    煙嶼の東に位置し、市指定文化財である。清の道光年間に建てられ、主体建物は西にあり東を向き、ロビー、母屋、廂の間から構成されている。清朝の有名な寧波蔵書家且つ朴学家である徐時棟の蔵書楼で、恋湖書楼とも称されている。徐時棟、字を定宇、号を柳泉と言い、黄宗羲、万斯同、全祖望に次ぐ浙東文化の代表者の一人。一生涯において、著作が30数種類に及び、自ら『四明叢集』を編集し、『宋元四明六志』を校正し、寧波歴史上における最も古い6部の地方誌を再現した。晩年に国史館列伝を例とし、清の同治時期の『鄞県誌』を編纂するにあ…

  • 共41记录«上一页1... 7891011下一页»